非線形数理 秋の学校「パターン形成の数理とその周辺」
―反応拡散方程式理論による 時・空間パターン
の解析を中心に―

日程・場所

2007年9月25日(火)~27日(木)
明治大学秋葉原サテライトキャンパス(JR秋葉原駅前・秋葉原ダイビル6F)

プログラム

9/25(火)
13:30 - 14:30 池田 勉 (龍谷大学),
“モデル方程式を通してみるパターン解析”
14:40 - 17:40 小川 知之 (大阪大学),
“時空間パターンの分岐解析”
9/26(水)
10:00 - 11:00 新居 俊作 (九州大学),
“3重接合点を持つ定常解の分岐”
11:10 - 12:10 近藤 滋 (名古屋大学),
“生物におけるTuringパターン ―魚の体表に発生するTuring波(反応拡散波)―”
13:40 - 16:40 池田 榮雄 (富山大学),
“特異摂動理論とその応用”
9/27(木)
10:30 - 11:30 柳田 英二 (東北大学),
“歪勾配系における安定性解析I”
13:30 - 15:00 柳田 英二 (東北大学),
“歪勾配系における安定性解析II”
15:10 - 16:10 西浦 廉政 (北海道大学),
“「周期構造をめぐって」―泡筏・ポリマー・Turingパターン―”

資料

PDFファイル レクチャー・ノート

PDFファイル 池田榮雄氏・スライド資料

PDFファイル 池田勉氏・スライド資料

 

ニュースレター第1号に記事があります.


組織委員 :三村 昌泰 (明治大学) , 栄 伸一郎 (九州大学), 辻川 亨 (宮崎大学) , 新居 俊作 (九州大学), 上山 大信 (明治大学)

後  援:科学研究費補助金 基盤研究(S) 『非線形非平衡反応拡散系理論の確立』
     代表者 : 三村昌泰(明治大学理工学部)

共  催:明治大学先端数理科学インスティテュート・現象数理部門


 

一覧へ戻る