組織

研究代表者

研究分担者

研究代表者

三村 昌泰 (研究代表者)

経歴

昭和40年(1965年) 京都大学工学部数理工学科卒業
昭和42年(1967年) 京都大学大学院工学研究科修士課程数理工学専攻修了
昭和48年(1973年) 工学博士(京都大学)
昭和45年(1970年) 甲南大学理学部講師、
昭和49年(1974年) 甲南大学理学部助教授
昭和54年(1979年) 甲南大学理学部教授
昭和55年(1980年) 広島大学理学部教授
平成 5年(1993年) 東京大学大学院数理科学研究科教授 
平成11年(1999年) 広島大学大学院理学研究科教授
平成16年(2004年) 明治大学理工学部教授 現在に至る 
平成17年(2005年) 明治大学先端数理科学インスティテュート所長

専門分野

現象数理科学、非線形解析学

研究テーマ

非線形非平衡現象の数理、自然界に現れるパターンの解明、

興味のあること

自然界には様々な形態、模様を見ることが出来るが、それらの中で、美しいとか不思議だと思う理由は何であろうか?

研究分担者

西浦 廉政 (研究分担者:北海道地区担当)

経歴

昭和48年(1973年) 京都大学理学部卒業
昭和50年(1975年) 大阪大学大学院理学研究科修士課程修了
昭和53年(1978年) 京都大学大学院理学研究科博士課程後期単位取得退学
平成元年(1989年) 広島大学理学部助教授
平成3年(1991年) 広島大学総合科学部教授
平成7年(1995年) 北海道大学電子科学研究所教授 現在に至る

専門分野

非線形解析、パターン形成、数理モデリング、力学系

研究テーマ

パターン形成に関する研究、力学系理論に関する研究、散逸系における粒子解の散乱現象

抱負

技術の最高峰は「見えない技術」であるとよく言われる.それは使われているという感覚は消えて,空気のような存在になってしまったものをいう. 数学を「道具」とみなす立場からは、多くの数学の結果は見えない使われ方をされている. 携帯電話から惑星探査の人工衛星まで例を挙げるには事欠かない.しかし数学のより本質的役割は,そのような「道具」あるいは「技術の裏方」としての側面ではなく,全く別の機能であろう。それはそれまでどのように理解すればよいのかわからなかったものに対してその核心を切り出す「見方」,あるいは考える際の枠組み,視点を与える機能である。どういう指針で物事をすすめればわかっている場合は,その仔細を詰めるのは,かけた労力と時間に比例してリターンが期待できるし,実際そのようなプロジェクト型の研究は至る所で推奨されている.しかし仔細を詰めるだけではどうしても解決できない問題も多い.実際まだ潜在的ではあるが,これからはそのような問題が顕在化してくるであろうと予想される.本基盤研究Sにおいても,そのような視点の発掘作業を試みたいと考えている.

俣野 博 (研究分担者:関東地区担当)

経歴

昭和50年(1975年) 京都大学理学部卒業
昭和52年(1977年) 京都大学大学院理学研究科数理解析専攻修士課程修了
昭和54年(1979年) 京都大学大学院理学研究科数理解析専攻博士課程中退
昭和54年(1979年) 東京大学理学部助手
昭和57年(1982年) 広島大学理学部講師
昭和60年(1985年) 広島大学理学部助教授
昭和63年(1988年) 東京大学理学部助教授
平成3年(1991年) 東京大学理学部教授
平成5年(1993年) 東京大学大学院数理科学研究科教授 現在に到る

専門分野

非線形偏微分方程式、無限次元力学系

研究テーマ

非一様媒質中の界面運動、解の安定性、特異性の研究

興味のあること

人類の歴史全般に興味があります。旧人からの進化、古代文明、中世の自然観、科学史、昔の町の地図。

柳田 英二 (研究分担者:東北地区担当)

経歴

昭和54年(1979年) 東京大学工学部計数工学科卒業
昭和59年(1984年) 東京大学大学院工学系研究科博士課程修了
昭和59年(1984年) 金沢工業大学講師
平成元年(1989年) 宮崎大学工学部助教授
平成3年(1991年) 東京工業大学理学部助教授
平成8年(1996年) 東京大学大学院数理科学研究科助教授
平成12年(2000年) 東北大学大学院理学研究科教授
平成22年(2010年) 東京工業大学大学院理工学研究科教授 現在に到る

専門分野

非線形解析学

研究テーマ

反応拡散系、非線形放物型および楕円型方程式

興味のあること

非線形偏微分方程式で記述されるシステムの数理構造の研究を行っている。
より具体的には以下のような問題について調べている。
(1) 反応拡散系における定常解や進行波解の存在とその安定性
(2) 非線形拡散方程式の解の漸近挙動
(3) 非線形楕円型方程式の解の存在と一意性

小林 亮 (研究分担者:中国地区担当)

経歴

昭和57年9月(1982年) 京都大学大学院工学研究科数理工学専攻博士課程中退
昭和57年10月(1982年) 広島大学理学部助手
平成元年(1989年) 龍谷大学理工学部講師
平成6年(1995年) 北海道大学電子科学研究所助教授
平成16年(2004年) 広島大学理学研究科教授 現在に至る

専門分野

応用数学

研究テーマ

生物の形態形成・運動と情報に関する数理的研究

興味のあること

仕事では「真正粘菌の気持ち」、趣味では「歌をうまくなること」

栄 伸一郎 (研究分担者:九州地区担当)

経歴

昭和57年(1982年) 京都大学理学部卒業
昭和59年(1984年) 広島大学理学研究科博士課程前期修了
昭和62年(1987年) 広島大学理学研究科博士課程後期単位取得退学
昭和62年10月(1987年) 広島大学理学部助手
平成3年(1991年) 広島大学理学部講師
平成4年(1992年)4月 横浜市立大学総合理学研究科助教授
平成16年3月(2004年) 九州大学数理学研究院教授 現在に至る

専門分野

非線形解析学

研究テーマ

非線形偏微分方程式の数理解析、パターンダイナミクス

興味のあること

一見混沌としている複雑パターンの中に美しい構造が見いだせるとき、なぜそうなるのか、理由が大変気になります.

抱負

自然界における色々な動的パターンに対して, 非線形非平衡科学の考えによりさまざまなレベルで理解が進みつつあり,特に反応拡散型モデルの登場以来,数理科学的な考察も可能となりつつあります.実際,反応拡散型モデルにおけるパターン形成の問題に対して, 分岐理論や特異摂動理論など有効な数学的手法も開発され,数理的にもこれまでめざましい発展を遂げてきたといえます.しかし,その殆どは静的なパターンを扱うための手法であり,非線形非平衡科学が本来目指してきた動的パターンに対する数理的解析は, まさにこれから大きく発展しようとしています.本プロジェクトはその一翼を担うものであり,自身はその中で分担者の一人として, 特に反応拡散方程式に現れる局在パターンの時間発展としての運動を理論的に記述することを目指しています.これは神経刺激の伝搬や化学反応パターンなどの様子を表していると考えられており, 背後にある理論構造を解明するのに役立つと期待しています.九州地区には多くの反応拡散モデルの研究者がおり, 特に博多の地は九州内部から色々な意味で大変集まり易いため, 機会を見つけては顔をあわせ議論していきたいと考えています.